9階の階段付近でマシエリが「この階?」と聞く。


「いねー。次!」


 ボーグが吐き捨て、マシエリたちは階段を降りる。


 8階の階段付近でマシエリがふたたび「この階は?」と聞く。


「いねー。次ィ~!」


 ボーグが吐き捨て、マシエリたちはまた階段を降りる。


 7階の階段付近でマシエリが三度「この階は~?」と聞く。


「いねー。次次ィ~!」


 ボーグがまた同じように吐き捨てる。


「ねえ、ボーグゥ、ふざけてなぁい? ほんとにこのビルにいるのお?」


 マシエリがジーッと疑いの目を向ける。


 端正な顔がちょいブサになっている。


「んな顔すんなっつ~の。知らね~よ。“広範囲感知”したのは、おめえの時計のほうやろが~」


「まったくう、無責任なんだからあ~」


 マシエリがため息をつくと、


「おめえ、おいらの話、まったく聞いてへんやろ?


とボーグが額に青スジを浮かべる。


マシエリが階段を6階に降りようとすると、


ちょい待ち! いる! この階にいるで~。どーゆうわけか急に反応デカくなりやがった!」


 とボーグが叫んだ。


「マジ!?」


「マジマジ!」


「このまま降りて逃げれないかしら……」


「さっき言ったやろが。マシーンは一旦テリトリーに入ったが最後、壊すか壊されるまで追ってくるってよ~」


「わかってるわよお……。言ってみただけよ」


 マシエリが階段から離れて、トランクを引きずりながら廊下沿いに進み、ボーグがそのあとをパタパタとついていく。


                (TO BE CONTINUED)