マシエリ7階の廊下を歩いていくと、とある部屋の前で立ちどまった。


「ここぉ?」


 マシエリが聞くと、「いねーな~」とボーグが短い首を横に振った。


 マシエリが隣の部屋に向かい、ドア前で「ここぉ?」と聞く。


「いねー」


 さらに隣の部屋に向かって、「ここ~?」と聞くが、「いや、いねー」とボーグが答える。


ほんとにいるのお?」


 マシエリが呆れると、


「おっかしーな~。さっきはデカい反応あったんやがな~」


 とボーグが首をかしげたのち、


「あっ! そっちぃ~!」


と大声をあげ、マシエリの背後をバタバタと慌ただしく指さした。


マシエリがふり返ると、テラスに通じる観音開きのドアがあった。


ドアには、すりガラスがはめ込まれていて、空を巨大な影が横切り、一瞬廊下が真っ暗になった。


「ちょっとお……」


 マシエリが怯えると、


乙女は度胸、だろ? GO!


とボーグがドアを指さし、マシエリはおっかなびっくり取っ手を引いた。


                (TO BE CONTINUED)