ガシャーンと音を立て、女が落ちた6階は教会だった。


結婚式用に商業施設のなかに作られたもので、女の後方に十字架、前方に参列席がある。


参列席の通路には、立て膝をついたマシエリが右腕に装着したレーザー砲義手を女に向けて構えている。


レーザー砲からはコードが伸び、横でパタパタと飛ぶボーグの腹の端子とつながっている。


マシエリの足元には黒いトランクが開いていて、中にさまざまな義手義足が見え隠れしている。


「平面感知なら精度抜群っ! 外さへんで~」


 ボーグがエッヘンと胸を張ると、


待てっ! ハルフレームについて知りたく……」


と女が右手を前に出すが、マシエリは躊躇いなくレーザー砲を発射した。


うしろの十字架とともに、女が吹き飛び、煙がモクモクとあがる。


「最期くらい潔くしたら?」


 マシエリが義手の先を「ふ~」と吹くと、


「ヒュ~。かっけぇ~


 とボーグがたまらず手足をバタつかせた。


んもう! あんなの撃ってくるから〝お気に〟のスカート、開いちゃったじゃないのよう。時計も壊れちゃったしぃ~」


マシエリがスカートの端をつまんで涙ぐむと、


「やっぱ、かっこわりぃ~


 とボーグが目をつぶって首をふった。



                (TO BE CONTINUED)