年老いた執事の姿のボーグはマシエリの部屋のドアを開けると、トレーをもって入ってきた。


エリスお嬢様のお好きなハルフレームのケーキでございます。お客様のおみやげでございます」


 ボーグが微笑むと、


「ハルフレームの! まあ、素敵なお客様ね。一区切りついたらいただくわ」


 とマシエリがこたえた。


「ホホ。では、こちらにお置きしますね」


執事はピアノからやや離れたところにあるテーブルにトレーを置いた。


「今夜は大変お冷えになります。お嬢様、あまりご無理なさらずに」 


「ありがとう、ボーグナイン


 マシエリが微笑むと、ボーグは深々と頭をさげて、部屋を出ていった。


マシエリがピアノを弾き続けると、外は夕方になり、雨はどしゃぶりになっていった。


マシエリはピアノのを止めると、テーブルへと歩いていった。


椅子に座って紅茶を飲み、ケーキを一口食べると、マシエリは幸せな顔を浮かべ、足元のミュウにケーキをひとかけらあげた。


マシエリがふたたび紅茶をひとすすりすると、ミュウがガクガクと震えだし、ゴポッとを吐いて倒れた。


「ミュウ!」


ドンドンと激しく部屋のドアをノックする音が響いた。


マシエリが返事をするまもなく、執事が部屋に入ってきて、後ろ手にをかけた。


執事の両手と腹は血まみれで、よろよろと足元がおぼつかない。


「お嬢様! そのケーキ、召しあがらないでください!


「ボーグナイン……、どうしたの?」


「ここからお逃げください!」


                (TO BE CONTINUED)